日蓮聖人降誕800年
日蓮宗全国霊断師会連合会

よろこび法話 よろこび法話


#054

功徳を積もう

祇園精舎 アングリマーラの隠れ家

島根県浜田市 龍泉寺聖徒団 団長
笹部一眞

お釈迦さまご在世のインドでのお話をご紹介します。

祇園精舎のあったコーサラ国の都に五百人の弟子を持ったバラモンの師匠がいました。その弟子にアヒンサカという聡明で屈強な好青年がいて修行に励んでいました。ある日、師匠の留守に、かねてよりアヒンサカに思いを寄せていた師匠の妻が浮気を迫ったのです。アヒンサカは驚いて、断ったのは当然です。しかし、大恥をかいた師匠の妻は自分で衣服を破り、帰宅した師匠にアヒンサカに襲われたと訴えたのです。...


#053

御題目信仰の相続

御題目信仰の相続 御題目信仰の相続

神奈川県本典寺聖徒団副団長
戸田雅子

今年一月、市川海老蔵さんが十三代目市川團十郎、息子の堀越勸玄君が八代目市川新之助を来年の五月に襲名するとの披露会見がありました。襲名とは衣を重ねると云う意味であり、先代より一層大きな役者にとの思いがあります。歌舞伎界では長きに亘り名跡と芸が、その時代を生きた役者に依って受け継がれて来ました。...


#052

本当の幸福

本当の幸福 本当の幸福

島根県益田市妙法寺聖徒団団長
蔵本知宏

幸福とは

「人生には一つだけ疑いのない幸福があります。それは人の為に生きることです」(トルストイ)

「この世の最大の不幸は貧しさや病ではありません。誰からも自分は必要とされていないと感じることです」(マザーテレサ)...


#051

お題目と倶生神月守は
我が家の常備薬

お題目と倶生神月守は我が家の常備薬 お題目と倶生神月守は我が家の常備薬

愛知県名古屋市名東区本成寺聖徒団団長
天野行淳

新たな年度になり、新たな年号が制定されたのに伴い、新たな担当を引き継いだり、新たな立場に立ったり、役職に就いたりされた方が多くいらっしゃるでしょう。

人事について話をする際、「私なんて」と卑下される方がいます。「あなたなら」と励ます方もいます。...


#050

縦の糸と横の糸

縦の糸と横の糸 縦の糸と横の糸

愛知県名古屋市妙泉寺聖徒団団長
日蓮宗全国霊断師会連合会 研究局局長
石黒泰良

私の自坊の近くに、代々日蓮宗の檀信徒(湖西市 本山妙立寺)でトヨタグループの創始者である豊田佐吉氏(一八六七―一九三〇)が住居していました。トヨタというと自動車を思い浮かべますが、その前身は織機の会社でした。佐吉氏が生まれ育ったのは今の静岡県湖西市、時代は幕末から明治初期の動乱期です。...


#049

~お題目との結縁~

お題目との結縁 お題目との結縁

大分県霊断師会会長 大分県妙親寺聖徒団団長
廣田学良

私は四歳の時にネフローゼという腎臓の病気に罹り九死に一生を得ました。当時特効薬は日本にはなかったようで、ドイツから取り寄せる薬しかありませんでした。農家の父母が高額の薬代をどのように工面したのか、子供の生命を助けたい一心であったとは言え、並々ならぬ経済的苦労があったと思います。...


#048

霊魂は実在する

霊魂は実在する 霊魂は実在する

栃木県佐野市 本山 妙顕寺聖徒団団長
齊藤日軌 貫首

近頃、葬儀、法要、先祖の供養を簡易に済ましてしまうことが多くなりがちです。何宗か分からない正式でもないお坊さんに戒名をつけてもらったり葬式もしないで火葬にしたりすることがあります。私のお寺でもあったのですが百歳になるおばあちゃんが亡くなり、霊魂なんか無いだろうと、お金を惜しみ葬儀をしないで家族のお別れ会のみで済まし、おばあちゃんを火葬しました。...


#047

一切衆生悉有仏性の体験

一切衆生悉有仏性の体験 一切衆生悉有仏性の体験

新潟県阿賀野市 本妙寺聖徒団団長
小林 義明

本妙寺聖徒団は新潟平野の真ん中、田圃に囲まれたのんびりした所に存在し、しかもシベリヤから飛来する白鳥の瓢湖より寺まで徒歩十分、自然そのものに包まれておりますので、平和なシンボルみたいな聖徒団です。

聖徒団を結成してより五十五年、身延大会は結集第一回目より参加している根強い聖徒団です。...


#046

南無妙法蓮華経があれば大丈夫

南無妙法蓮華経があれば大丈夫 南無妙法蓮華経があれば大丈夫

東京都日朝寺聖徒団 副団長
尾崎 妙翠

私は三年前にお坊さんになりました。お寺に生まれ、「お寺は遊ぶ場所が広くていいなぁ。庭も広いし、本堂ででんぐり返しも出来ちゃう」と無邪気に思いながら、のびのびと育ちました。覚えているのは、父にいつも「このお守りを持って、南無妙法蓮華経って三回唱えれば大丈夫だよ」と言われていたこと。だからよくオバケが出そうな怖い夜には、「南無妙法蓮華経!南無妙法蓮華経!南無妙法蓮華経!」と三回お唱えしていました。...


よろこび法話
法華経のお話
日蓮大聖人が歩まれた道
よろこびちゃんの質問箱
pagetop

TOP